印刷に関する基礎知識

オフセット印刷

一般的な印刷方式です。高速で鮮明な印刷が可能で、大部数の印刷に適しています。専属のオペレーターや版が必要となり、一定のコストがかかるため、小部数の印刷には適していません。

オンデマンド印刷

印刷データからすぐに印刷可能な方式です。製版不要のため、低価格や短納期などコストダウンに繋がります。色の再現性はオフセットと同等の品質です。

詳しくはオンデマンド印刷の特徴をご覧ください。

刷版(さっぱん)

オフセット印刷を行うときに使用する版のことです。また、その版を作成する工程を指す場合もあります。

製版

刷版を作ることです。広くは、印刷用データの編集から印刷の前段階までのことを指します。

当社ではデータから直接刷版を出力できる製版機を使っておりますが、データを一旦フィルムに焼き付けてから刷版を作る機種もあります。このとき、刷版を作る最終工程とその前段階までの工程とを区別するため、「製版工程」・「刷版工程」と分けて呼ぶことがあります。

校正

印刷前の段階でプリント出力や画面表示したものを、原稿と比べながら誤りや不備を正すことです。
一般的に一回目の校正を「初校」、二回目以降を「2校正」、「3校正」と言います。また、校正が完了したことを「校了」と言います。

紙の種類について

印刷業会で使用される定番の紙として、コート紙・マットコート紙・上質紙・書籍用紙・色上質紙があります。これらは流通量が多く、低価格で良質な印刷用紙です。

上記の紙質の違いについては取扱い用紙についてをご覧下さい。

ほかにも高級紙として代表的なものに「レザック(表面に凹凸の地模様)」、「和紙(風合いを出すためあえて混入物を一緒に漉いたり、粗く漉くなどの加工を施す)、コート紙よりも表面に光沢を施した「ミラーコート紙」や「アート紙」など紹介しきれない程さまざまな紙があります。

高級紙には凹凸などの特殊な加工を施された物が多く、オンデマンド印刷に適していないものが多くあります。
その為これらの高級紙を当社の定番としては取り扱っておりませんが、ご希望のお客様は別途お見積りいたしますのでお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

紙の厚さについて

紙の厚さを表す単位としてkgが使われます。これは「連量」と呼ばれる単位ですが、一定のサイズに作られた用紙1000枚分の重さを表しています。同じサイズの紙であれば、連量が軽いほど紙は薄く、重いほど厚くなります。

当サイトでは、四六判サイズ(1091×788mm)の連量で表示を統一しています。

<例>
上質70kg:冊子の本文によく使用される紙
コート135kg:ポスターなどによく使用される紙

※ 紙の種類によって質量が異なるため、連量が同じでも、紙質が違えば厚さが異なる場合があります。

製本方法

●無線綴製本【むせんとじせいほん】 (くるみ製本・並製本)

糸や針金を使わず、本の背を糊で固め、表紙を巻いて綴じます。ページ数が多く背幅を十分に取ることができれば、背文字を入れることができます。

例:文庫本、教科書

●中綴製本【なかとじせいほん】(ホッチキス製本)

二つ折にした紙の折り目の部分を針金で留めて綴じます。背にあたる部分がないので、背文字は入れられません。

例:週刊誌、パンフレット(ページ数の少ないもの)、カタログ

●平綴じ製本【ひらとじせいほん】

紙の端から5mm程度内側を針金で横方向から留めて綴じます。

例:企画書、伝票

●新聞製本【しんぶんせいほん】(スクラム製本)

中綴製本のホッチキスで留めない製本方法です。新聞のような仕上がりのため、12ページまでの広報紙などで使われることがあります。

例:広報紙、新聞

●糸綴製本【いととじせいほん】

本の背を糸で縫って綴じます。丈夫で長持ちするので、長期間使われる上製本や手帳などに使用される製本方法です。

例:手帳、学習ノート

右とじ、左とじについて

表紙を正面に見て、右側をとじるのが右とじになります。右開きとも言います。
一般的に本文が縦書きの場合、右から左へ読むことになり本文を右にめくっていくので必然的に右側をとじることになります。

反対に表紙を正面に見て、左側をとじるのが左とじになります。左開きとも言います。
こちらは一般的に本文が横書きの場合、左から右へ読むことになり本文を左にめくっていくので必然的に左側をとじることになります。

とじの方向

縦書きと横書きが混ざっている場合、主となる文章によってどちらをとじるか決めることが多いですが、決まりは無いので編集者の意図によって自由に決めることができます。

背表紙について

表紙と裏表紙の間にあたり、ある程度の厚みがある場合は文字を入れることができます。
背表紙の文字のことを背文字と言い一般的には縦書きにしますが、英文などの場合やデザインてとしてあえて横書きにすることもあります。

断裁

印刷・製本の加工工程の一つで、印刷された紙や白紙を断裁機で切る作業のことです。

色について

●CMYK

色の表現法の一種で、シアン(明るい青)、マゼンタ(明るい赤)、イエロー、ブラックの4成分によって色を表す事です。CMYK は、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)と、キー・プレート(Key Plate=ブラック)から、頭文字1字を取ったものです。印刷物のカラー印刷はCMYKのインクで構成されており、業務用のデザインソフト(Illustrator、Photoshop、InDesignなど)はCMYKの色構成で最初から設定されていることが多く、印刷の仕上がりをイメージしやすくなっています。

●RGB

色の表現法の一種で、赤 (Red)、緑 (Green)、青 (Blue) の三つの原色を混ぜて幅広い色を再現する方法です。別名、光の三原色と言われブラウン管(CRT)や液晶ディスプレイ(LCD)などの背面から光を当ててフルカラーを再現します。この場合、黒は光を当てずに再現します。業務用の印刷ソフトでCMYKに変換したもの以外(Officeソフト、デジカメで撮影した画像など)はRGBで構成されているためCMYKに変換する必要があります。その際、光を当てて色再現されることが前提ではなくなるため全体的に落ち着いた配色に変換されます。

●特色

印刷においてCMYKでは再現できない色を表現するために、あらかじめ調合(調色)されたインクのことです。特色のインクを選ぶ際に用いられる国内のカラーガイドの代表的なものにDIC(ディーアイシー:通称ディック)があり基本となる色だけでも約1300色あります。その他にも世界各国で使用されているカラーガイドにPANTONE(パントン)などもあります。

PDFについて

アドビシステムズ社が開発した、ほとんどのパソコンで開くことができるファイル形式です。
Officeソフトやイラストレーター、フォトショップなどのソフトからPDF形式に変換する機能が備わっており、元のソフトが無くても開くことができることから様々な分野で共有できるファイル形式として活用されています。

PDF形式の詳しい説明はこちらをご覧下さい。
https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/how-to/package-data-pdf-preset.html

見開きデータ、単ページデータとは

見開きデータとは冊子を開いた状態のことを言い、A4の冊子の場合A3サイズで作成した2ページ分のデータということになります。表紙の見開きデータの場合、表紙と裏表紙を隣り合わせにデータを作ります。
単ページデータとはA4の冊子の場合、A4そのまま1ページずつのデータということになります。

表紙の用語について

印刷業界では表紙、表紙の内面、裏表紙の内面、裏表紙を明確に表現するため以下のとおりの用語を用いています。

  • 表紙→表1(ひょういち)
  • 表紙の内面→表2(ひょうに)
  • 裏表紙の内面→表3(ひょうさん)
  • 裏表紙→表4(ひょうよん)

アウトライン化

通常、文字ツールで入力する文字・テキストオブジェクトは、フォントと呼ばれる文字情報になりますが、この「文字情報」を「図形(パス)」に変換することを「アウトライン化」といいます。
製作したPCから他のPCへデータを移しても、元のフォントが図形として認識されるため「文字化け」が起こりません。デメリットとしては、アウトライン化した文字情報は図形(パス)として認識されるため文章を編集することが出来なくなります。

解像度

「解像度」とは、画像の密度のことです。数値が高い程高精細な表現が可能となります。印刷に最適なのは350dpi前後となります。(デジカメで撮った写真や、インターネット上の画像では72dpi程度しか無く、解像度が足りないことがあります。ご注意ください。)

塗り足し

印刷商品は、仮にA4サイズのご注文の場合であっても、一回り大きな用紙に印刷し、それをA4サイズに断裁して仕上げます。印刷物は一枚ずつ切るわけではないため、断裁時の若干のズレにより、紙の地色(印刷されていない素の紙色)が出てしまう場合があります。
こうした仕上がりを回避するには、3mm以上印刷範囲をわざとはみ出させて設定することが必要となります。そのはみ出させた部分、もしくははみ出させることを塗り足しといいます。

トンボ(トリムマーク)

断裁位置を指定するために四隅や中央に付ける目印をトンボ(トリムマーク)といいます。Illustratorなどのプロ仕様のソフトでは簡単に設定できる機能が備わっていますが、一般的によく使用されるOfficeソフトにはその機能が備わっていません。